ジェルネイルのいろいろ

  • Posted on 5月 22, 2013 at 2:15 PM

ジュエルの勉強

ネイルの講座を受けている中で、今までネイルの種類を考えた事はなかったのですが、ジェルネイルの意味を色々と調べるようになり、
普段使っていた物をより詳しく知る事が出来るようになったので、ここで少しジェルネイルについてのまめ知識を述べたいと思います。

ネイル用のジェルは、液体でUVやLEDなどの光の波長の中でも特殊な波長域の光を当てる事によって固まってくるような液になっています。
ですので、この液体を使う事で爪を保護する事やエクステンションをつけることが出来るようになっているという仕組みのようです。

大きな特徴としては普通のジェルとは異なって、ある程度の弾力性があるので、
付け爪をする場合であっても浮いてしまう事がなく、違和感少なくなっているという事でしょうか。

また、マニキュアなどと異なって光をもとに固まってくる為、乾燥までの時間を短くする事ができ、
短時間でネイルアートを楽しめてしまう事、そして樹脂のように丈夫な膜を貼るため、
すぐに禿げてしまう事を防ぐ事ができ、きれいな状態を長く続かせることが出来る事も特徴としているのです。

ジュエルの発展

それを理由として、今のネイルアートには多用されている様子。
また、ジェルネイルは以前まではアクリルスカルプのように溶液を使用する事が出来なかったのですが、
溶液で除去をする事ができるソークオフと呼ばれるジェルタイプが出てきた事で、今まで以上に一般的になってきました。

また、ジェルネイルのタイプには、爪のエクステをおこなう為にも使用をする事が出来るハードジェルのタイプと、
爪のコーティングを楽しむ為のソフトジェルのタイプがあるため、どのような使用をするのかを決めた上でジェルを選ぶ事がいいのです。

更に、ジェルネイルが非常に便利な理由としては、爪のエクステに使用をする事が出来るため、
事前にエクステのデザインを作っておく事でわざわざ時間をかけてデザインをしなくてもいいという事や、
その日の気分に合わせて爪の種類を選んでいく事が出来るという事が言えます。

ネイル講座を受ける中では、色々な方法のネイルアートを試していく事になるのですが、ジェルネイルの特徴を知っていく事で、
美しいデザインをより簡単に手に入れる事が出来る方法を知る事が出来るようになりました。

また、それぞれのメーカーによってジェルネイルをおこなう場合の方法が異なるので、
実際にコースを受けながら、それぞれのメーカーの特徴を知る事が出来るので、友人に使用をする場合や、
自分に使用をする場合であっても、以前よりも短時間でおこなう事ができるようになったのも革新的なことでしょう。

Comments are closed.