ネイリスト検定について

  • Posted on 5月 14, 2013 at 2:16 PM

ネイリスト検定試験に向けて

ネイリスト技能検定試験に向けて本格的にネイルに力を入れ始めてから、
検定試験についての色々なデータを探し始めたのですが、
ネイルサロンで働いている人の中にはどの程度の人が検定の資格を持っているのだろうと思い始めました。

それは、海外では検定試験の資格を持っていなくても技術があり、
ある程度の客層を掴んだ場合にはネイリストとして活躍をしている人が多くいるので、
日本でも検定の資格を持っていなくても働く事が出来るのではないかと考えた為です。

確かに、ネイリストの仕事が人気のある大きな理由としては、
ネイルを作る事が出来るという技術を身につけておく事で一生働く事が出来るほか、
自分を支持してくれる人々がいれば年齢を関係なしに働く事ができるという部分があるのです。

ただ、おそらく、検定を持っていなくてもある程度の技術を身につけておく事で、
個人で働く事が出来るのではないかと私は考えました。
そこで、実際に資格の有無に付いて色々と調べたのですが、
やはりネイリストの仕事は女性を中心として非常に人気の仕事になっているみたいです。

ネイルサロンと倍率

ネイルサロンで働く場合の倍率も非常に高いので、ある程度の技術を持っている場合でも、
資格がある場合とない場合とでは相手の判断の基準が大きく異なってくるようですね。

それを考えると、資格を持っているネイリストと資格を持っていないネイリストでは、
お客さんの視点からも、やはり資格を持っている人の方が安心して任せる事が出来る事が関係をしているのではないかと思います。

また、ネイルサロンの募集でも資格を持っている人を積極的に雇っている場所が多く、
資格を持つ人と持たない人との間では給料の差も出てくるようなのです。

しかし、ネイルサロンで働かずに個人で開業をしたいと思う女性も多いことでしょう。
私も自分のネイルサロンを持つ事が出来ればと思うのですが、
やはりある程度の顧客を掴まなければ営業をしていく事が難しいようなのです。

ネイルサロンで働く時に自分のファンを何人か作り、ある程度、自分の顧客が増えてから個人で働く事がいい方法なのかなと思いました。

ネイリストの資格

ネイリストの資格について調べているうちにわかった事としては、
資格にはネイリスト技能検定試験とネイルスペシャリスト技能検定試験と呼ばれる2つの試験があり、
校舎の方は利用や美容専門学校に在籍をしている生徒を対象として作られたということです。

ですので、私のように個人でネイル講座に通う人々は、前者の検定を受ける事が多いようなのです。

やはり、検定試験に向けて勉強をしていくには色々な教材が必要になるほか、
なるべくしっかりとした技術を身につける必要があるので、独学で勉強をして変なクセをつけてしまわないように、
講座に通う事が確実に技術を身につける方法ではないのかなと思います。

参考:日本ネイリスト検定試験センター

Comments are closed.