ネイリストの働き方

  • Posted on 12月 19, 2014 at 6:25 PM

様々な道

ネイリストになったら、ネイルサロンで働くもの、と思っていましたが、ネイリストの働き方はそれだけではないのです。

経験を積んで実績が認められれば、フリーとして雑誌の撮影のネイルを担当したり、イベントなどで活躍したり、
ショーなどのネイルを担当したり、または美容院などで仕事をしたりと活躍の場はいろいろ。

自分で開業するという道もあります。
技術を持つということは、いろいろな道が開けるということ。
やりがいも大きいものです。

ネイルサロンで働く

ネイリストとして活躍するには、ネイルサロンに就職するのが一般的です。
ネイルサロンは規模も内容も方針もさまざま。
どういったネイルサロンを選ぶかによって、仕事のスタイルや内容も変わってきます。

時間もお金もたっぷりあるお客様を対象としているネイルサロンもありますし、
短い時間で質の高い技術を求められるネイルサロンもあります。

サロンによって勉強会をたくさんしていたり、講習会などへの参加を支援していたりするサロンもありますし、
勉強は個人に任せるというネイルサロンも。

自分がどのようなネイルサロンで働きたいのか、はっきりと決めてサロン選びをするといいようです。

自分の希望するサロンに就職するには、資格もきちんと取得していると有利になります。
ネイリスト検定やジェルネイル検定などを受けて、資格を取得してたいた方が就職しやすいです。

フリーのネイリストとして働く

美容院やホテル、結婚式場などでもネイリストが活躍しています。
ネイルサロンなどに就職するのではなく、フリーとして仕事をするスタイルもあり、実力が認められれば契約をしてもらえたり、
必要な時に仕事を依頼してもらえたりします。

自宅で開業する

自宅をネイルサロンにして開業するという道もあります。
最初はネイルサロンで仕事して、経験を積んでから開業する場合が多いようです。

自宅のリビングなどネイルを施す場所があり、材料がそろっていればできるので、それほど資金もかからずにできるので、
ネイリストとして開業する人も少なくないようです。

友達や近所の人などのネイルをしながら仕事を続けていく中で、評判がよければ口コミでお客様も増えていくでしょう。
実力をつけることや、お客様を呼び込む工夫などが必要ですが、その分やりがいも大きいです。

ネイリストを育成する講師になる

ネイリストを育てる講師になる、という道もあります。
人に教えるのが好きな人は、専門学校やネイルスクール、通信講座などの講師として活躍するのもお勧めです。

ネイリストとして活躍する傍ら、指導者としての仕事をしているネイリストもいます。
人に教えることで、自分のネイリストとしての能力がアップすることもあります。

ネイルを楽しむ女性も増え、ネイリストとして活躍する場も増えてきています。
自分のライフスタイルに合った働き方、ネイリストとしてどのように活動していきたいかによって、希望する働き方を選択することが可能です。

Comments are closed.