色の効果

  • Posted on 5月 23, 2013 at 2:27 PM

色のスピリチュアル

女性の場合、風水や占いなどのスピリチュアルな部分が好きな人が多いでしょう。
私もネイルについて本格的に勉強をするようになってからは、それぞれの色が意味をする事を調べ始めるようになりました。

特に、現在ではマニキュアの色を選ぶ場合でも、色々な色をメーカーが販売しているのですが、
せっかく新しいマニキュアを使ったにも関わらず、あまり気分が優れないと言う事がありますよね。
それは、それぞれの色が精神に与える影響を理由にしているので、使用をする色を少し変えるだけでも気分が大きく変化をする事もあると考えられているのです。

色の特徴

ここでは、それぞれの色が持つ特徴を書いていきたいと思うのですが、まずはマニキュアの色の中でも最もポピュラーな赤色について。
red赤色は、色彩の濃度の中でも最も濃い色になっていて、情熱やエネルギーを感じさせ、精神に直接働きかける事で活動力や肉体的な力を与える事になります。ですので、マニキュアや口紅でも赤色が多いのはこの為で、自分自身に活力を与えるとともに、その色が他の男性を魅力する事があると言われています。
しかし、赤を使用する場合にはなるべくその配分に気をつけ、ピンポイントで使用しなければ、逆に反抗心や怒りを表してしまう事があるため、気をつけるべきでしょう。


オレンジまた、春場や夏場に使用をされるオレンジですが、オレンジは赤と黄色の中間色で、赤の活発さと黄色の軽やかなイメージを併せ持った物になります。
そして、この色を身につける事は、陽気さや朗らかさ、自発性などの活力を与え、想像力をかき立てるような色とも。


黄色青ですので、春や夏などの心が浮き立つような季節には、黄色の知性や好奇心を表す色と使用をする。
もしくは、ブルーの静けさと誠実さを意味する補色と使用する事によって、相手により強い印象を与える事が出来るようになります。

しかし、これらの明るい色を多用する場合に気をつけなければならないのは、あまりにも明るい色同士を使用すると、
お互いに色が殺し合い、見る人にとって不快感を与える場合があるということ。

特に、色のパレットが似ている物は打ち消し合う力が強くなっているので、補色と呼ばれる、
正反対の色相の物と組み合わせていく事で、より相手に色の印象を与える事が出来るようになります。

これからネイルをする場合も、それぞれの色の意味を理解しながら、そのときの自分の気分、なりたい自分に合わせて色を選ぶ事も、ネイルアートを最大限に楽しむ方法になるのではないでしょうか。

Comments are closed.