ヒップを引き締めてアンチエイジング

  • Posted on 8月 31, 2016 at 9:48 AM

引き締まった線

ウエストを引き締める時、ヒップの事も同時にいろいろと調べたんです。
ヒップもキュっと引き締まった物が良いですからね。

パンツスタイルをはきこなすために

お尻が垂れていると年齢を感じさせちゃうじゃないですか

張りのある盛り上がったお尻。
これもウエスト同様、もう今からじゃ無理ですから来年に備えて今から作っておきたいなって思うんですけど、
ヒップもウエストも作り方は同じですよ。

ヒップは楽かもしれない

適度な筋トレと有酸素運動の組み合わせなんですけど、ヒップの方が簡単かもしれませんね。
ヒップの方が直接刺激出来る筋トレがあるんです。

しかも私でも出来ちゃうくらいですから、そんなに難しくないと思うんです。
両足で立って、片足を後ろに移動させるんです。

そうするとお尻の所に張りが出来るんですよ。
これがヒップアップのためのトレーニングですね。

ウエストよりもダイレクトにヒップに効くのと、ちょっとしたスペースでも出来るのと、
腹筋みたいに寝転がってやる必要がないんですよ。

パンツの時なら会社とかでも出来るんですよ。
その姿はあまり見られたくないですけどね。これを有酸素運動を上手く組み合わせているので、
来年の夏には小ぶりでキュッと盛り上がったお尻になっているんじゃないかなって勝手に想像しているんですよ。

お尻って意識しないとなかなか筋肉を使わない部分なのに、お尻が垂れていると本当にだらしなく見えちゃうじゃないですか。
しかもウエストよりも厄介なのが、パンツとかでもヒップラインって分かっちゃったりするじゃないですか。
だからウエストよりもヒップの方が周囲の視線をどうしても感じてしまうんですよね。

人目を気にしてこそ

自意識過剰に思われるかもしれないですけど、やっぱりまだまだ人目を気にしたいんですよ。
だって人目を気にしなくなったらどんどん自分がどうでもよくなっちゃうと思うんですよ。
それって老化の第一歩なんじゃないかなって思うんですよ。

そうならないためにも、まだまだ人目を気にしたいんです。
人目を気にしていた方が自分自身に対してストイックになれるんじゃないかなって思うんですよ。

これはヒップだけじゃないんですけど、どのパーツも人目を意識していた方が危機感が出ますからね。
バストみたいに努力ではどうにもならない部分ならまだしも、ヒップって努力でなんとかする事が出来る部分ですから、私は頑張ります。
ただ、あまり無理しないでヒップも時間をかけて徐々に変身していきたいですね。

張りのあるヒップって筋肉もそれなりに必要だと思うので、そのためにはただ体重を落とすだけじゃ駄目ですしね。
健康的なお尻になりたいので、そのためには時間をかけてコツコツですね。
どの部分の美容もそうですけど、本当に地道にコツコツやるのが大切なんだなって思います。

Comments are closed.