腸内デトックスをしてみる

  • Posted on 12月 22, 2016 at 3:21 PM

腸の老廃物を一掃

腸内デトックスという言葉、聞いた事がありますか?
その名の通りですが、腸内をキレイにする事です。腸内がキレイになるとどういうメリットがあるかというと、「ダイエットになる」「体の中がスッキリする」「美肌によい」ということなんです。
美意識が高い人は、腸もキレイにする事を心掛けている人も多いのでは?

腸内がキレイになると一言で言っても、自分では掃除はできません。
そして、腸内の老廃物と言えば、便ですが、便秘を解消するだけが腸内デトックスでもないようです。
そうなると、腸を何でキレイするかとなるのですが、ここでは腸内デトックス効果のある食べ物で、キレイにする、を紹介してみたいと思います。

腸内デトックスにおススメの食べ物

便秘解消に欠かせないのが、「食物繊維」。食物繊維の豊富な食べ物は、葉物野菜である、キャベツ、レタス、水菜、ホウレンソウ、青梗菜、小松菜などです。
キャベツは特に生で食べると、一緒に酵素も取れるので、毎日食べると腸内デトックスできる食べ物でおススメです。

根菜も食物繊維が豊富と言います。
ごぼうや人参、大根などです。
ただ、根菜の食物繊維は体内に残ってしまうことがあります。
積極的ではなくてもいいです。

また、ネバネバ系の食べ物もおススメです。
やまいも、モロヘイヤ、オクラなど。
食物繊維も豊富ですし、カロテンなど栄養価が高いです。
モロヘイヤはなかなか食べる機会が少ないですが積極的に摂ると健康に良いです。

また、発酵食品が腸内環境を整えるのには、いいということは有名です。
納豆はその代表です。
毎日食べている人とそうでない人の腸内環境の違いは、かなりあります。

ぬか漬けも発酵食品の代表。
普通の漬物よりも菌が多く、腸内の奥まで届きます。

またキムチは、普通の漬物よりも発酵菌、乳酸菌が豊富だと言われています。
便秘の人がキムチを食べると、便秘を解消すると言わる程の力を持っています。
普通の漬物も食べることで、発酵菌を腸内に入れることができます。
ただ、塩分が高いので、食べ過ぎには注意しましょう。

腸内環境をよくするのに乳製品は代表ですね。
ヨーグルト、チーズ、牛乳もそのたぐいです。
ただ、乳製品は、腸内の手前でいなくなってしまうことがある、弱いものも多いのです。
ヨーグルトだけに頼らず、食事の際に、野菜など食物繊維の豊富なのを心掛ける必要があります。

また、おススメなのはオリゴ糖。
砂糖の代わりとして、料理にも使えますし、コーヒーや紅茶に混ぜることもできます。
オリゴ糖を毎日摂っている人は、腸内がかなり違います。便秘を解消してくれますが、腸内デトックスのように、腸の細胞にも働きかけてくれるので、おススメです。

朝起きたら水を飲む

自律神経の専門家の先生は、朝起きて一番にする事は、水を飲む事だと言います。
しかも常温のお水です。
腸まで水が届くと、腸が起きて体が起きてくれます。

すると腸運動が始まって、朝から回腸になりますし、老廃物がいっきに外にでるのです。
いっきに飲むのではなく、ゆっくりと飲むのがポイントです。

Comments are closed.